よろず屋 灯光舎 

新しい出版社の形をみつけようというわけではありません。

 

これはこのブログで何度も申し上げておりますが、僕がすることに高尚な考えは何一つありませんし、目新しいこともないでしょう。おそらくどこかの出版社がすでに始めている事でもあったりします。業界に激震などはありえるはずもなく、微動だにしないでしょう。

 

自分の目を通したときに、「うちの本とつながる部分があるな」と点と点を線で結んで、読者の方々にお届けできればという思いつきによるものです。

 

さらにはもっとゆるい感じで、「この商品、おもしろいな」と思えるものも取り扱っていきたいと思います。

 

まあ、本とそれ以外の商品を結び付ける感じです。

なので、扱う商品も様々ということでよろず屋です。

 

どうぞ、温かく見守っていただければ幸いです。