喜んでくれる人がいる

京都の恵文社一乗寺店という書店さんでトークイベントがありました。

 

そこに、先日のブログでも紹介したN社のSさんが話し手の一人として来られていたので、楽しみにしていました。

(悩みに悩んでイニシャル表記にしました。前のブログを見ていただいて想像してください)

 

イベントの内容もさることながら、会社を立ち上げる前に、Sさんのご著書を参考にさせていただいていたので、一度どんな方なのか拝見したかったのです。

 

イベントが始まり、Sさんが自社の10年というテーマでお話をされておられたときのことです。

 

「身近でも喜んでくれる人がいるから本がつくれる。創業当初の書籍なんかは営業大変でしたけどね()

 

自社の第1弾目の書籍で経費や売上に思考を縛られていた私の心と頭に響きました。

漠然と気持ちを変えなあかんなと思いながら、手立てなしの状態でしたので。

 

「そうや、これは忘れたらあかんな」

 

Sさんのご著書にも、その言葉に似たことが書いてあったこと、出版社を進めていくうえで大事にしようと誓ったことを思い出しました。

 

今後もまた力をくれる言葉だと思います。