東南アジアに伝わる体鳴楽器:ゴング

 

重なり合う響きと旋律を奏でるゴング音楽の深奥

 

『ベトナムの大地にゴングが響く』

 

柳沢 英輔 著

 

本体価格 2700円+税  ISBN 9784909992000

Cコード:3039  四六判 331頁

 2019年10月刊行

                           ●図書館関係者さまへ

図書館館内によるQRコード先の録音・映像資料の閲覧について 

 館内と貸出利用者(利用期間内)のみ閲覧可能です。

 それ以外の使用、上記資料の転載などは禁止いたします。

 

ゴングはどのように作られ、奏でられ、そして受け継がれていくのか――

 

民族学、音楽学、音響学などの視点・手法を駆使し、ベトナム中部高原とその周辺地域の

ゴング文化の実態に迫った研究の集大成。

著者撮影の現地の映像資料やフィールド録音を視聴できるQRコードも掲載。

ゴングの魅力を、文章で、写真で、映像と音で、立体的に味わう。

 

目次

1章 ゴングに魅せられて

 ゴングとの出会い

 本書の意義

 本書の構成

 村落をめぐる

 ベトナム中部高原の歴史

 ゴングを受け継ぐ人びと

 

コラム1 少数民族のメディア環境

 

2章 ベトナムのゴング文化

 ゴング文化とは

 先行研究と本研究の射程

 ゴングの種類

 ゴングの価値

 ゴングとティンニンの関係性打ち叩くという行為

 

3章 ゴングを奏でる

 ゴング演奏の社会的役割

 ゴング演奏者ゴングの演奏方法

 改良ゴングアンサンブルが生まれた社会背景

 まとめ

 

コラム2 現地の音楽を録音する

 

4章 ゴングの演奏機会

 ゴングの演奏機会

 ゴングを奏でる儀礼・祭礼

 

5章 ゴングを作る

 東南アジアにおけるゴング製作

 ゴング製作村

 ゴングの製作工程

 まとめ

 

コラム3 調査地の食事

 

6章 ゴングを調律する

 ゴング調律師

 調律の仕事

 調律方法

 調律前後のゴングの音響変化

 考  察

 

7章 ゴングの音を分析する

 バナ族のゴングセット

 ゴングの音響分析

 平ゴングの音高

 平ゴングの音階

 こぶ付きゴングの音高

 考  察

 

8章 ゴング演奏を分析する

 ゴング演奏の撮影、採譜方法

 平ゴングの旋律、和音

 太鼓について

 まとめ

 

9章 ゴング文化を守る

 無形文化遺産保護政策の歴史

 優秀芸術家顕彰制度の事例

 ゴング文化保護の取り組み

 考  察

 

 

おわりに

 

著者紹介】

 

柳沢英輔 (Yanagisawa Eisuke)

 

1981年生まれ。京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了。博士(学術)。

2019年現在同志社大学文化情報学部助教。専門は民族音楽学、映像人類学。音響・映像メディアを活用したフィールドワークと成果の公表を行う。

主なフィールド録音作品に"Music of the Bahnar People from the Central Highlands of Vietnam"

(LP盤、Sublime Frequencies)など。

www.eisukeyanagisawa.com